夏の終わりには

ただあなたに逢いたくなるの

いつかと同じ風吹き抜けるから